Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

■ 久保建英ら擁するU-16代表の期待値と課題

サッカー「日本代表」

■ 久保建英ら擁するU-16代表の期待値と課題
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

● 日本サッカーの未来が懸かったU-17W杯アジア最終予選へ

 日本サッカーの未来を見据える上で、育成年代での国際大会は極めて重要だ。U-17W杯は2011年以来出場できておらず、是が非でもアジア予選を勝ち抜かなければならない。

 アジア最終予選は今週にも始まる。小学生年代から注目されてきた久保ら擁するU-16代表の期待値と課題とは?

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

● 最後の国内合宿でも異彩を放った久保

出典 http://s.eximg.jp

 2大会ぶりのU-17W杯出場権獲得を目指し、15日にインド・ゴアで開幕するアジア最終予選を兼ねたAFC・U-16選手権に挑むU-16日本代表。森山佳郎監督の指導の下、7日から茨城県内で国内最終調整合宿を行っていた彼らは9日、鹿島アントラーズユース、水戸ホーリーホックユースと最後の練習試合を実施。

 相手が高校2年生中心の陣容ということもあり、前半は日本代表が圧倒。主に攻めの起点を作ったのが、平川、久保のFC東京コンビ。平川の展開力、久保の得点に直結するパスはしばしば相手を混乱に陥れていた。とりわけ、久保の創造性ある仕掛けは異彩を放ち、見る者を唸らせた。彼は本番でも確実に日本のけん引役になるはずだ。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

■ 天才少年はどう育ったか 久保選手父の著書に学ぶ

『おれ、バルサに入る!夢を追いかけるサッカーキッズの育て方』(文芸春秋)は2012年5月に文芸春秋社から発行されました。著者は久保建史さん。久保選手のお父さんです。

久保建英

出典 http://e-mytown.com

● 天才少年を育てようとしたのではない、子どもの夢に寄り添っただけ

久保建史さんご自身は筑波大学サッカー部のOBです。大学までの高度なサッカーを体験し、在学中から地域の少年サッカーの指導を手伝っていたことなどから、久保選手が世間に知られるようになった時には、「英才教育」という言葉が飛び交いました。

バルセロナ入団が決まった時に、お父さんがやったこととして「海外一流選手の映像を繰り返し見せた」が取り上げられたことも、これに拍車をかけました。

しかし、久保建史さんが行ったことは英才教育ではありません。天才少年を育てようと思って久保選手を育てたのではないからです。

出典 http://www.juniorsoccer-news.com

● 「自信になるものを持たせたい」

久保建史さん夫妻の子育ての根幹は、「子どもに何か強みとなるもの、自信になるものを持たせたい」でした。その結果、久保選手はサッカーを好きになり、将来の夢が固まっていきます。

年中の頃は、「サッカー選手になりたい」。
年長の頃は、「日本代表になりたい」。
小学校1年生の時に、「バルサの選手になりたい」。

そして、常にこの夢をかなえようとして、「本当にこの子の夢がかなうには、どんな道があるだろうか?」を追求した結果、その道の向こうにバルセロナ入団がありました。久保選手のバルサ入団までの道は、親子が本気で夢に向かおうとした結果であるともいえるのです。

出典 http://www.juniorsoccer-news.com

● 最初に「バルサ入り」があった

バルサの選手になりたい。そう息子に言われた父親が行ったことは、どうしたらバルサに入れるかを本気でリサーチすることでした。

日本人がFCバルセロナのトップチームに入るためには、カンテラから入るのが一番の近道だと考えた久保建史さんは、まずどうやったらカンテラに入れるのかをリサーチします。

現地に住んでいるわけでもなく、今すぐに日本一の選手として世界中に注目されるわけでもありません。目標は遠く、門は狭いのです。

リサーチによって導き出された3つの方法のうち、「バルサスクール選抜に入り、国際大会に出て活躍する」という方法に、突破口がありました。

バルサスクール選抜に入るには、「日本で開催されるバルサキャンプに参加し、MVPとして選出されるとバルサスクール選抜に入り、国際大会に出場できるという特典がある」を利用すればよい、という方法があったのです。

もちろん、バルサキャンプに参加するときも「チャンスは一度」として、何年生の時に参加するか、どのような準備をして参加するかを決定し、準備をこなしてから参加しました。

最初に「バルサに入りたい」という目標があり、その目標に至る道を丁寧に一つ一つ歩いて行った結果がバルサ入団でした。久保建史さんの子育ては、結果的にはサッカーの天才少年を育てることにつながりましたが、その根底にあるものは、やみくもな英才教育ではなく、「息子の夢をかなえてやりたい」という強い思いだったのです。

出典 http://www.juniorsoccer-news.com

● 「体が思うように動くことが自信につながる」と支えた母の姿勢

久保選手のお母さんは、「男の子は体が思うように動くことが自信につながる」という考えの持ち主でした。男の子に限らず、自分の理想通りに体が動くことは、すべての子どもの自信につながります。

小学生年代で、クラスで輝いている子にはスポーツ万能が多い、という一般論もあります。中学年代になってくると、他の個性に目を向ける心の成長が始まりますが、体が思うように使えるということは特に幼年期の子どもにとって大変な自信になります。

そのために、幼稚園は外遊びを大事にする幼稚園を選び、家の中におもちゃは置かない、できなかったことができるようになるチャンスを設けるなどが配慮されました。

本の中から読み取れるものだけでも、サッカーだけではなく、お寺での座禅、シーカヤック、レスリング教室などにも久保選手は参加経験があります。習い事もラグビー、陸上、水泳なども習い事として体験しています。

たくさんのことに挑戦してみて、その中から一番好きなものを選んで伸びていくことが重要視されていました。

出典 http://www.juniorsoccer-news.com

■ YouTube 情報色々

● 久保建英、大一番でスーパーFKを突き刺す

・ 別角度から

・期待の金の卵ランキングTOP3

■ Twitter 口コミや評判はコチラ!

■ インスタグラム投稿記事




◯美容・健康・ダイエットNewsまとめ 【アンチエイジングの肝】
◯日本報道チャンネル
◯綺麗・健康に生きる食事法~<酵素/玄米胚芽/葉緑素>
◯日本・世界探訪・・・旅行一人旅日記
◯可愛い動物まとめ・・・癒しチャンネル
◯ゲームブームが引き起こす社会現象

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!