5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

■ 中国の海洋覇権確保の「核心的利益」

国際

■ 中国の海洋覇権確保の「核心的利益」
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

■ 南シナ海周辺で8カ国が軍事演習を実施

● 米比合同水陸両用戦演習 「PHIBLEX(フィブレックス) 33」

 中国の海洋覇権確保の勢いが止まらない南シナ海周辺で、中国に脅威を受けている国々をはじめとする各国の軍隊が盛んに軍事演習を行っている。

アメリカ太平洋艦隊は強襲揚陸艦と2隻の駆逐艦による対潜水艦戦、対空戦闘の演習を南シナ海で実施した。それに引き続き、4日から12日にかけて、フィリピンの南シナ海沿岸域で、アメリカ海兵隊とフィリピン海兵隊による米比合同水陸両用戦演習「PHIBLEX(フィブレックス) 33」が実施された。

 ドゥテルテ大統領によると、今回の合同演習でアメリカ軍との合同演習は最後になるかもしれないということだ。

 また、フィリピン国防大臣は、南シナ海でのアメリカ海軍との共同パトロールからは手を退く方針を打ち出した。したがって、中国に対する抑止効果は薄くなってしまっている。

出典 http://jbpress.ismedia.jp

南シナ海に面したフィリピン・サンバレス州サンアントニオ沖で、米比合同演習に参加した米海兵隊の水陸両用強襲車(AAV7)(2016年10月7日撮影、資料写真)。(c)AFP/TED ALJIBE〔AFPBB News〕

● 「Bersama Lima(ベルサマ・リマ) 16」軍事演習

 一方で同じく10月4日から、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスの5カ国の軍隊(海軍、陸軍、空軍)による「Bersama Lima(ベルサマ・リマ) 16」演習も南シナ海南部で実施されている。

 これら5カ国間には「5カ国防衛取極(FPDA)」が存在し、マレーシアあるいはシンガポールが軍事攻撃を受けた場合には、締約国は協議の上、何らかの行動を起こすことが取り決められている。

 この合同軍事演習の目的は、5カ国の軍隊間の相互信頼、そして相互運用能力の醸成である。特に今年の合同演習では、中国による南シナ海への覇権拡大の勢いに対して、5カ国で牽制の意思を表示するという狙いがある。

出典 http://jbpress.ismedia.jp

● インドネシアがナトゥナ諸島で演習を実施した理由

 フィブレックスやベルサマ・リマと平行して、インドネシアでもインドネシア軍始まって以来の大規模な軍事演習(「Angkasa Yudha(アンカサ・ユダ)」)が実施された。

かつてはインドネシアと中国との間には領域紛争がなかったため、インドネシア軍が中国の侵略を想定した軍事演習を行うことはなかった。しかし、今年になって大きく事情が変わったため、インドネシアが大規模軍事演習を実施したことは注目を集めている。

 今回のインドネシア軍の演習は、この種の演習の常で、公的には「定期的な演習」である。

 だが実際には、6月に開かれたナトゥナ諸島周辺海域の軍艦上の主要閣僚会議で“ジョコウィ”(ジョコ・ウィドド)大統領が示した「ナトゥナ諸島周辺海域を中国の海洋侵出の魔手から守り抜く」という防衛方針に沿った行動の一環であることは明らかである。

出典 http://jbpress.ismedia.jp

インドネシア空軍Su-27戦闘機

インドネシア空軍Su-27戦闘機

出典 http://jbpress.ismedia.jp

・劣勢を承知の上で国防の覚悟

 なぜならば、もともとこの演習はスマトラ島東方海上のブリトゥン島で実施される計画だったのだが、中国によるナトゥナ諸島周辺海域への領域拡張意思の表明があったために、ナトゥナ諸島で実施されることになったからだ。

 今回の演習には海軍艦艇は参加しなかったため統合海洋演習ではなかったものの、戦闘機、輸送機、各種ヘリコプターなどの空軍航空機合わせて70機と2000名の空軍将兵が参加しての過去最大規模の軍事演習であった(日本での報道では、海軍艦艇それも空母が参加したと伝えられているが、そもそもインドネシア海軍は空母など保有していない)。

 Su-27、Su-30(ともにロシア製)、F-16A/C(アメリカ製)といったインドネシア空軍の主力戦闘機による空中戦演習や、沿海域への爆弾投下演習、それに占領された航空施設の奪還演習なども含んだ実戦的演習が繰り広げられた。

出典 http://jbpress.ismedia.jp

インドネシア空軍F-16戦闘機

インドネシア空軍F-16戦闘機

出典 http://jbpress.ismedia.jp

 南シナ海や東シナ海での中国による海洋覇権確保のプロセスを観察すれば、相手側の軍事的弱点あるいは軍事的に弱腰な姿勢をついて中国の支配権を主張し続け、アメリカの軍事的関与が低下した状況が生じた隙に、場合によっては戦闘をも含んだ軍事力の直接行使によって、中国の実効支配領域に組み込んでいることは、誰の目にも明らかだ。

 インドネシアはそのような事態を少しでも抑止するために、自らが保持する航空戦力を最大限に投入してでもナトゥナ諸島周辺海域は守り抜く「覚悟」を中国側に見せつけたのだ。

 その際、中国人民解放軍海洋戦力との大規模な本格的軍事衝突になればひとたまりもないことは百も承知である。

 いくら口先だけで「領土や領海を守る」と宣伝しても、中国の海洋拡張政策にブレーキをかけることは不可能である。

 同様に尖閣諸島という中国との主権衝突に直面している日本も、場合によっては軍事力を繰り出してでも自国領域は守り抜くとの強固な「覚悟」を行動を持って示さねばなるまい。

出典 http://jbpress.ismedia.jp

■ YouTube 情報色々

・習近平の手下の一言がアメリカ激怒させ欧州も見捨てた?三橋貴明

・アメリカが南シナ海で中国と開戦! 水面下でとんでもない準備を進行させる

■ Twitter 口コミや評判はコチラ!


キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。