Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

■ W杯最終予選対イラク戦

サッカー「日本代表」

■ W杯最終予選対イラク戦
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

● サッカーW杯アジア最終予選【日本2−1イラク】劇的勝利

 6日行われた2018年サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組の日本代表対イラク戦。

 前半リードした日本は後半同点に追いつかれたが、後半アディショナルタイムに山口がゴールを決め、2-1で勝利した。

 前半の序盤は一進一退の攻防が続いた。イラクは3分、サードのヘディングシュートが右ポストに嫌われた。日本は11分に清武がミドルシュートを放ったが、相手GKの好セーブに阻まれた。

そして、徐々に好機を演出し始めた日本は26分、清武のクロスに先発起用の原口が右ヒールで合わせて、相手GKの股を抜く鮮やかなゴールを決め、先制した。

 しかし、後半15分、イラクはY・アハメドのフリーキックをサードが頭で合わせて、ゴールを決めて同点に追いついた。その後、日本は、浅野、小林らを相次いで投入。

イラク陣内に攻め入った。そして、試合終了間際、途中出場の山口が強烈なミドルシュートを決め、逃げ切った。対戦成績は、日本の7勝3敗2分け。

 最終予選は12カ国が2組に分かれて来年9月までホームアンドアウェー方式で戦う。アジアのW杯出場枠は4.5。

最終予選で各組1位か2位になれば、本大会出場権を獲得する。残る0.5枠は各組3位同士がプレーオフを行い、勝者は北中米カリブ海予選4位とW杯出場をかけた大陸間プレーオフに臨む。

出典 http://mainichi.jp

● 「守備要員」自ら難局を打破

 終了間際、値千金の決勝ゴールが決まった。1―1で迎えた後半ロスタイム、ゴール前にこぼれたボールを山口が豪快に振り抜き、ネットを揺らした。

 序盤から、歯車がかみ合わなかった。開始早々、イラクのシュートがポストを直撃。危うく先制は免れたが、「一番危険なのは自分たちの気の緩み」と森重が語っていたように、引いて守ってくると思われたイラクに出はなをくじかれた。

 9月の初戦でホームで痛い黒星を喫している日本は引き分けすら許されない。「勝つための準備をする」。ハリルホジッチ監督は背番号「10」を背負う香川を先発から外す決断をした。香川に代わって出場した清武が前半26分、ドリブルで持ち込み、原口の先制点をアシスト。一度はチームに流れを持ってきた。

 しかし、早くも1点を守り切ろうとしたのか。ハリルホジッチ監督が、後半15分、ベンチの前で柏木から、守備力がある山口に交代の指示を出していた。皮肉にも、イラクにゴールネットを揺らされ、同点に持ち込まれたのはその時だった。

 結果的に、その山口の得点で逃げ切った日本。本田のシュートはポストをたたき、清武のシュートは枠を外れるなど、決定力不足というおきまりの課題を残したが、「W杯に行きたい。内容よりも結果」(清武)という思いが結果につながった。何よりもこだわった結果だけが、この試合の唯一の収穫だろう。

出典 http://mainichi.jp

■ YouTube 情報色々

・原口ゴール 清武アシスト オフサイドの声も

■ Twitter 口コミや評判はコチラ!


誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録